美容外科 美容整形 美容整形外科比較サイト > 美容整形のデメリット

美容整形を受ける前に

美容整形手術は近年技術が進歩しました。痛みやダウンタイムも減り、家族に気づかれずにコンプレックスを解消することが可能になりました。しかし、だからと言ってすぐに飛びつくのではなく、もう一度きちんとメリットやデメリットについて理解し、本当に自分にとって必要か確かめてみてください。

美容整形のデメリット

美容整形のデメリット

近年では、美容整形外科治療は安全性も高くなり、以前なら不可能だった治療方法が可能になってきています。しかし、最新技術で負担が大幅に軽くなったとはいえ、他の医療的治療法と同じく、身体への負担や施術のリスクはなくなったとは言い切れません。保険対象外であれば費用は全額負担となりますし、その額は決して安いものではありません。気軽な印象を持ったからといって、美容整形に安易に飛びついてしまう前に、それらのデメリットを再検討してみる必要はあるのではないでしょうか。

100%ご自身のイメージ通りと言うのは難しい
せっかく、思い切って美容整形をうけたにもかかわらず、イメージ通りに仕上がらなかった場合には、さらにコンプレックスが大きくなってしまうというリスクがあります。どれほど念入りに相談して決めたデザインであっても、実際にパーツを当てはめてみた時にイメージと異なる仕上がりになってしまう事はどうしてもあります。また、個人差はありますが、部位によっては希望に添えない箇所もあります。生身の人間ですから、あまりの完成度を期待してしまうと、がっかりする場合がある事も頭の片隅に置いておきましょう。
低価格化が進んでも、まだまだ費用がかかる
どんなに施術方法が進歩して安全になっても、美容整形の多くは保険対象外のものがほとんどです。それらの治療を受けるためには、治療費の全額を自己負担する必要性があります。また、長時間の施術が必要な手術を受ける際には、その費用はかなり高額になる傾向があり、それが経済的圧迫になってしまう場合もあります。長年のコンプレックスを解消したいと考えていても、費用対効果がある内容かどうかは自分だけでは判断しにくい点があります。客観的に判断する事を心がけなくてはいけません。
100%身体への負担やリスクがないとは言い切れない
最新美容整形技術では、手術に伴う痛みは少なく、ダウンタイムも大幅に減少してきています。それでも、治療に伴う身体への負担はゼロではありません。副作用には、当然個人差がありますし、ご自身が予想していなかったことが起こる事もあります。その予防のためにも、クリニックのホームページや口コミサイトなどに載っている経験者の体験談などを積極的に情報収集して、どのようなケースが起こりうるのか、集めた知識をたくさん持って、担当医師とのカウンセリングに臨むことが重要です。

page top